『とくダネ』“マスクパトロール”に批判続出 販売店からは悲痛な声も

『とくダネ』番組内で特集された「マスクパトロール」というパワーワードが注目を集めている。

話題

2020/02/26 15:20

品薄状態となったマスクを求めて「マスクバトル」と呼ばれる客同士の殴り合いの騒動が発生するなど、マスク不足は日に日に深刻な問題となっている。ネット上では新たに生まれた「マスクパトロール」という言葉が注目を集めているよう。



 

■マスクパトロールとは

26日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、マスクをめぐる各地での深刻な問題を特集。その中で「マスクパトロールをしている」という女性が現れ、その実態が明らかになった。

どうやらその女性はマスクを購入した後も他のドラッグストアを訪れ、たとえ売り切れの状態だったとしても「次回入荷予定の時期」を確認しているそう。そして予定の時間帯を確認すると、待っている間は他の店を巡回するというのだ。

「マスクパトロール」とは、言い得て妙な表現だろう。


関連記事:朝3時入荷されたマスク その売れ行きに驚き「目覚ましセットして…」

 

■視聴者の反応は…

「マスクパトロール」というワードを受け、視聴者からは「やってることは買い占めと同じなのでは?」「レジで接客中なのに、横から在庫聞いてる人とか普通にいるからね。強引な方法はやめてほしい」といった批判的な声が多数上がっている。

また「普通に入荷時期を確かめたいだけなのに、パトロールと誤解されたらどうしよう…」と不安に思う人もいるようだ。

次ページ
■ドラッグストア側の事情は…

この記事の画像(1枚)