タモリ、「幼稚園に行ったことがない」と告白 人生初の経験を浅野アナが祝福

『ブラタモリ』(NHK)で、タモリが「幼稚園に行ったことがない」と告白。

タモリ
(写真提供:JP News)

11日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリ一行が神奈川県葉山町を訪れた。3ヶ月ぶりとなる今回の放送では、タモリが「幼稚園に行ったことがない」という驚きの過去を語り、話題となっている。



 

■皇族の別荘を目指す道中…

葉山町には、御用邸だけでなく皇族の別荘が4か所に建てられたという。そこでタモリ一行は、内陸部に残っているそのうちの一つの建物を目指した。

案内人はその道中に「今日はこの幼稚園を抜けていきたいと思います」と言い、タモリ一行を連れて幼稚園内に足を踏み入れる。

すると、浅野里香アナウンサーがタモリに「幼稚園に入るの何年ぶりですか?」と質問。浅野アナの唐突な質問に、タモリは笑いつつ「僕はね、幼稚園に行ってないのよ」と告白した。


関連記事:タモリ、地名の大切さを力強く語る 「行政の都合で変えてはいけない」

 

■タモリが人生初の経験を

タモリが「幼稚園に行っていない」ということが明かされ、浅野アナは「そうなんですか!?」とびっくり。

「幼稚園行ってないから、幼稚園に入るのは初めてだ」と話すタモリに、浅野アナは「お~貴重ですね!」とコメントし、タモリの人生初の経験を祝福。

なお、幼稚園に行かなかった理由についてタモリは、幼稚園に行けと言われ見学に行ったが「ぎんぎん ぎらぎら 夕日が沈む」と、園児達が歌っていたのを見て「あんなことやりたくない!」と泣いて、幼稚園に行くのを拒否したという。


■タモリらしいが当時は普通だった?

タモリが幼稚園へ行かなかった理由について、視聴者は「園児が踊って歌ってんの見て無理って思って幼稚園行くのやめたって凄い、さすがタモさん」「タモリさん子供の時から「タモリ」だった」と、「タモリらしい」という声が相次いだ。

また、その一方で「タモさん世代だと幼稚園や保育園に行かない子供もいたはずよね」「「幼稚園には行ってない」昭和時代にはよくあることで珍しことではありませんでした」など、「タモリの世代だと幼稚園に行かない子供もいた」と、当時の幼稚園事情について語る視聴者も続出。

タモリの過去が話題となった今回、タモリが幼かった頃の時代を考える視聴者もいたに違いない。

・合わせて読みたい→『タモリ倶楽部』超マニアックな新企画にタモリ興奮 「法の盲点ついた」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子