市川海老蔵、「本職してください」の声に本音 ファンに理解求める

市川海老蔵がSNSでのコメントに苦言。想像力が足りない一部の人の発言にファンからも…

エンタメ

2020/08/14 18:00

市川海老蔵

歌舞伎役者の市川海老蔵が14日に自身のインスタグラムを更新。SNSに「本職をしてほしい」という要望が度々寄せられていると明かし、新型コロナウイルスの影響で舞台に立つことが難しい現状について理解を求めた。



 

■本職の仕事についてのコメント

息子の勸玄くんと仕事の打ち合わせに来たという海老蔵。最近思うことがあるようで、SNSで本職の舞台の仕事をしてほしいというコメントをチラホラみると明かす。

コロナ禍の今、自身のYouTubeチャンネルを開設するなど、さまざまな方法で歌舞伎を広めていく活動をしているのだが、それが本職につがっていないと感じる人がいるようだ。

View this post on Instagram

* 今日はお仕事の打ち合わせで ちょこん💕 最近コメントで、 本職してくださーいと チラホラと目にします。 舞台の事ですよね。 したいですよ❗️ そりゃー、 でもコロナ禍にて そう簡単ではなのですよ。 でも 私は9月から舞台に立ちます!よ。 是非‼️ そして 日テレさんの24時間テレビも 歌舞伎での出演もありますよ。 よろしくお願いします。 私もコロナがなければ ずっと舞台に立っている予定でした。 致し方ない事は ご理解してほしいですね。 はい。 #市川海老蔵 #海老蔵 #成田屋 #歌舞伎 #ABKAI #ABMORI #ebizoichikawa #ebizo #kabuki #thunderparty #ebizotv #theater #theaterarts #actor #japan #classic

A post shared by Ebizo Ichikawa 市川海老蔵 TH (@ebizoichikawa.ebizoichikawa) on


関連記事:市川海老蔵、妻・麻央さんと行ったお店からショックな連絡 「コロナの影響らしい」

 

■舞台に対する思い

SNSで見かけるコメントに対して、海老蔵自身も舞台はやりたいが、コロナ禍でそう簡単ではないと複雑な胸中を明かす。しかし、9月からは舞台の仕事ができるようになるそうだ。

そして、投稿の最後には「私もコロナがなければずっと舞台に立っている予定でした。致し方ないことはご理解してほしいですね」と、一部の心無い人の書き込みに苦言を呈した。


■フォローする声が相次ぐ

この投稿に対してファンからは「そんなに簡単なことではないですよね」「ご本人が一番舞台に立ちたいと思う」「マイペースにいってください」など、海老蔵をフォローする声が多くみられた。

その他には、「9月に舞台を観に行きます」「いまから楽しみです」など、舞台の仕事を心待ちにしているというコメントも。

コロナ禍で本業の舞台の仕事が出来ず、悔しい思いもあっただろう。「本職は?」と心配をするファンの気持ちは分からなくもないが、海老蔵の気持ちを理解した発言をすることも大切ではないか。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、ヒカキンとのコラボが実現? 勸玄くんと向かった先は…

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太