『ヒルナンデス』斬新すぎるオープニングに反響相次ぐ 「びっくりした」

『ヒルナンデス!』に女優でモデルの久間田琳加が新加入。オープニングで阿佐ヶ谷姉妹が替え歌を披露し、反響を呼んでいる。

エンタメ

2020/10/07 16:00

阿佐ヶ谷姉妹
(写真提供:JP News)

お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹が7日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演。水曜「シーズンレギュラー」として加入した女優の久間田琳加を歌で歓迎し、SNS上で反響が相次いでいる。



 

■歌で始まるオープニング

放送直後、スタジオには福山雅治の楽曲『家族になろうよ』が流れ、阿佐ヶ谷姉妹が「あだ名は『りんくま』久間田琳加」「『Seventeen』モデルでちょっと天然」など久間田のプロフィールを替え歌にして披露。

「マイクつけたまま帰宅」といったエピソードや、「いつか国民的女優になるかも 春日(俊彰)、変な絡み方絶対やめてね」といったイジりなどで笑いを交えつつ、久間田を紹介する。

そして、通常通り番組が始まると、MCの南原清隆は「いやあ〜歌で始まる斬新な始まり方。しかも、ゆったりした歌で入ったからね」と笑っていた。


関連記事:『ヒルナンデス』阿佐ヶ谷姉妹のワイプ芸に絶賛の声 「ウケた」「好き」

 

■SNS上で「びっくりした」の声

持ち前の歌唱力を生かした阿佐ヶ谷姉妹のふたりに、SNS上では「歌に癒やされた」「新テーマ曲 阿佐ヶ谷姉妹の歌でいい」「いつ聴いてもすごいしいい声」と絶賛する声が続出。

また、南原と同様に「歌で始まる昼の生放送、いいとも以来」「始まり方にびっくりした」「歌からはじまるの斬新すぎる」と驚く声もみられている。


■演出がたびたび話題に

ちなみに、斬新すぎるオープニングは過去にも。4月9日の放送では、MCである南原が20秒ほど現れず、テレワーク出演しているメンバーの映像だけが流れるオープニングだった。また、翌日の放送では南原も含めて全員がテレワークで登場するオープニングで、レギュラーメンバーたちも驚いていた。

「阿佐ヶ谷姉妹の歌」という武器も手に入れた『ヒルナンデス!』。これからもさまざまな演出で視聴者たちを楽しませてほしい。

・合わせて読みたい→『ヒルナンデス』南原不在でスタジオが一時混乱 「全然わかんない」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一