松本人志、『THE W』への相次ぐ苦言をバッサリ 「バカね」

松本人志がツイッターを更新。『THE W』終了後に寄せられる”出来レース論”に対し苦言を呈した。

エンタメ

2020/12/16 11:30

ダウンタウン・松本人志

お笑いタレントの松本人志が、15日に自身のツイッターを更新。14日放送の『女芸人No.1決定戦 THE W』に寄せられている苦言に対し、コメントを呈した。



 

■渦巻く”出来レース論”

女芸人No.1を決める同大会。第4回目となった今回だが、過去の優勝者が、ゆりやんレトリィバァに阿佐ヶ谷姉妹、3時のヒロインと絶賛活躍中のタレントばかりということもあり、例年以上に注目が集まっていた。

優勝したのは、ピン芸人の吉住。過去最高となるエントリー総数646組の頂点に立つこととなった。新チャンピオンの誕生に、もちろん祝福の声が上がっているのだが、一方で「出来レースだろ」との指摘も上がっている。


関連記事:野田クリスタル、『R-1』優勝もブレークできず嘆き 「割りに合ってない」

 

■「バカね」と一喝

『THE W』に限った話ではないが、『M-1』なども含めた芸人賞レースでは、ほとんど毎回「〇〇審査員の忖度」「面白くないのに優勝はおかしい」「台本あるの?」などと、いわゆる”出来レース論”が噴出する。『THE W』も例外ではなかったのだ。

こうした声を受け、お笑い界の重鎮である松本がコメント。自身のツイッターを更新し「お笑いのショーレース。 誰が優勝しても出来レースっていう人いるね」としたうえで、一言、「バカね」と綴った。

次ページ
■「言わせておけば」の声