今日から首都圏で終電繰り上げ 利用する場合は必ず事前確認を

緊急事態宣言に伴い、政府や1都3県の知事からの要請を受け、1月20日(水)から終電繰り上げに

話題

2021/01/20 05:15

終電繰り上げ
緊急事態宣言の発令に伴い、本日1月20日(水)より、JR東日本など首都圏の鉄道会社が終電時間を繰り上げる。各社で張り紙や駅員が呼びかけも行なっており、利用する場合は必ず時刻表の確認が必要だ。



 

■25の事業者が終電を繰り上げ

終電の繰り上げは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府や首都圏の1都3県の知事からの要請を受けての対応だ。

国土交通省の発表によると、25の事業者が終電の繰り上げに応じ、JR東日本では、1月20日から11線区計42本(土日は40本)終電繰り上げの対象となり、期間は「当面の間」と発表。

東京メトロも「全路線で、終電時刻を現行より概ね10~20分繰上げ、千代田線北千住発松戸行きの終電は現行の時刻のまま」と発表した。


関連記事:江ノ電からのお知らせがホラーすぎと話題 取材するとまさかの回答が…

 

■乗換検索サービス各種も対応

これに伴い、公共交通機関の乗り換え検索アプリやウェブサービスも、終電繰り上げ後の時刻表の反映が進められている。

ジョルダンは、iOS/Androidアプリとウェブサービス「乗換案内」の対応を今月16日までに完了。Yahoo!も18日にスマートフォン向けアプリ「Yahoo!乗換案内」とWebサービス「Yahoo!路線検索」の対応を完了したと発表している。


■ネット上の反応は…

いよいよ実施される終電の繰り上げに、インターネット上では「仕事が遅くなって帰りで1本逃すとつらいかも…」「これから仕事終電気にしなきゃだわ…」「終電繰り上げされると普通にバイト帰れない」と、仕事などへの影響を懸念する声も。

各社のダイヤが変更になったことで、時間帯によっては「乗り継ぎができなくなる」事態も懸念されるため、必ず事前に利用する路線の時刻表を確認してほしい。

・合わせて読みたい→香取慎吾、『家、ついて行ってイイですか?』出演 「生きる力をもらえる番組」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)