丸亀製麺のトマたまカレーうどんが1年ぶりに復活 終盤にウマさ倍増する「仕掛け」が… 

丸亀製麵からトマたまカレーうどんが新発売。発売初日に食べてみたところ、衝撃が走って…。

2022/04/27 06:00


 

■辛さの中にコクのあるスープ

スープ

まずはスープをひと口。…辛い。記者は辛いものは得意なほうだが、なかなかパンチのある辛さだ。

だが、嫌な辛さではない。野菜の甘み、トマトの酸味、玉子、そして唐辛子の中でも刺激の強いカイエンペッパーが合わさり、非常にコクがある。

トマたまカレーうどん

続いてうどんをすする。コシがあり、とろみのあるスープとよく絡んで箸が進む。

かしわ天

途中で味変。かしわ天を投入し、無料で乗せられる生姜を少し入れてよく混ぜる。

この生姜がトマトスープに溶け込んで、さらにピリッとしつつも後味はどこかサッパリした味わいに。


関連記事:丸亀製麺、15日から「あのバカ売れメニュー」が大きく変化 これはスゴいぞ…

 

■終盤で本領を発揮したもの

ご飯

麺を食べ終えたら、ご飯を投入。トマたまカレーには、ひと口ご飯がついているのだ(ひと口と謳っているが、お茶碗いっぱいしっかり入っている)。

リゾット

全体をかき混ぜると「リゾット」の完成。このリゾットを食べると、辛みが激減しマイルドになっていることに気づく。

前半は少々存在感の少なかったチーズが時間が経ってスープに溶けたのだ。チーズが全体に広がったことでコクが増し、まろやかになり、よりリゾットに近い味わいになった。夢中でかきこむうちに完食、否、スープも残さず「完飲」した。終盤にウマさを倍増させるものがあるとは思わなかった…。

これだけおいしければ、またしても売り切れ続出になるかもしれない。

・合わせて読みたい→かきはかきでも…? 丸亀製麺の冬はトロトロあったか「かきたま」登場

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

丸亀釜揚げうどん(乾麺)【Amazonでチェック】

カレーTOKIO松岡昌宏丸亀正麺トマたまカレーうどん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング