全農が教える「野菜炒めの作り方」が激ウマ 肉を変えるだけでこんなに違う…

豚バラ、豚こま切れだけじゃない? JA全農広報部がおすすめする「野菜炒めの肉」は…。

2022/08/23 04:15

「野菜炒め」の肉といえば、豚こま切れ肉や豚バラ肉を使うことが多いが、違う部位を使ってもおいしいという。JA全農広報部がツイッターに投稿した「おすすめの作り方」を実際に試してみた。


画像をもっと見る

 

■豚ヒレ肉を野菜炒めに

全農・野菜炒め

使用するのは、ジューシーで柔らかいのが特徴の豚ヒレ肉。脂肪が少ない赤身肉でカロリーも低く使い勝手は良いが、他の部位と比べると価格が高いため、野菜炒めには使わないという人も多いのではないだろうか。

全農・野菜炒め

豚ヒレ肉は細切りにして片栗粉をまぶしておく。ツイートでは言及されていないが、この時点で塩コショウなど簡単な下味はしておいた。


関連記事:丸亀製麺に夏が来た 今日からの新メニューがコッテリなのに…さっぱりで激ウマ

 

■肉と野菜は別で炒める

全農・野菜炒め

まずは、ヒレ肉だけを炒めて取り出しておく。細切りといいつつも、そこそこに太めなのは記者の好みと、切り方が悪いことは追記しておきたい。

全農・野菜炒め

そして好きな野菜を炒めた後に、先ほどのヒレ肉を戻して味付けをしたら完成だ。今回使った材料は、キャベツ、ピーマン、にんじん、もやし。調味料は、塩コショウとうま味調味料、酒のみのシンプルなものにした。

JA全農広報部さんにきいた 世界一おいしい野菜の食べ方【Amazonでチェック】

次ページ
■あっさりなのにジューシーで激ウマ
野菜豚肉話題野菜炒め全農全農広報部JA全農
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング