浜田雅功、『ガキ使』で涙した伝説罰ゲームとは 「死ぬんやと」「2度とせん」

1990年に行われた罰ゲーム。絶望感から浜田は顔面蒼白になる。

2022/09/05 06:15

ダウンタウン・浜田雅功

お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功が4日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)に出演。同番組の罰ゲームで体験したスカイダイビングを振り返り「もう2度とせん」と語った。



 

■『ガキ使』対決&罰ゲームの歴史

松本人志の59歳の誕生日(9月8日)が近いこと、今年ダウンタウンが芸歴40周年であることから、今回は特別企画を実施。

これまで同番組で行われてきた「対決&罰ゲームの歴史」をVTRで紹介、レギュラーメンバーのダウンタウン・月亭方正・ココリコがスタジオでチェックしていく。


関連記事:松本人志、使い古した筋トレ用グローブにファン驚き 「スゴい!」

 

■浜田は顔面蒼白

1990年の「プロ野球オールスターゲーム勝敗予想対決」では、松本が勝利。負けた浜田は罰として、スカイダイビングをすることに。

罰ゲーム当日。ダウンタウン2人を乗せた飛行機は、高度4,000メートルまで上昇する。絶望感から顔面蒼白になる浜田。松本も「もし今、浜田が『やめる』と言ったら俺は止めません。飛ばなくていいです。これはシャレにならん」と本気のトーンで話すほどだったが、それでも罰ゲームは執行された。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■当時は感涙も「もう2度とせん」
ダウンタウンダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!松本人志スカイダイビング浜田雅功罰ゲームココリコ月亭方正
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング