うさぎ大好き店主のこだわりパンが話題 「小学校で飼育員をやってからずっと好き」

「フレンチ系のパンを作っていたことが多かったので、クロワッサンにもこだわりがある」と店主。

2021/09/22 15:30

ウサギ焼き菓子

犬や猫には及ばないものの、飼いやすさや、そのかわいさなどから長年根強い人気をみせているうさぎ。鳴き声がしないため、マンションなどでも飼育しやすく、散歩がいらないといったペットとしてのメリットも多い。そんなうさぎ大好き店主が作るパンが話題を呼んでいる。


画像をもっと見る

 

■パン職人歴20年

東京都杉並区の新高円寺駅から徒歩5分の場所にある、「ベーカリー兎座Lepus(レプス)」オーナーシェフの東山さんは、小学校時代からうさぎが大好き。飼育係を担当し、小屋の清掃に励みながら、近所の八百屋からくず野菜をもらってきてエサにしていたという。

中学生からは両親を説得し、自宅でうさぎを実際に飼っていたそうだ。その後パンの専門学校を経て、フランス料理店で有名なジョエル・ロブションのスーシェフブランジュ(副料理長)も担当し、パン職人歴はトータルで20年にもなる。


関連記事:見覚えあるウサギ、足元に違和感が… パンクすぎる進化に「これは強い」と反響

 

■うさぎの焼き菓子が話題

ツイッターで話題となっているのは、今月10日に発売された新商品「秋栗ノウサギ」で、マドレーヌのような焼き菓子だ。マロンペーストとマロンリキュールを練り込み、栗の甘露煮がお腹に丸ごと一粒入っている。

秋栗ノウサギ

SNS上では「かわいすぎるので、観賞用にしたい」といった声もあがっている中、1日150個ほどが飛ぶように売り切れている。

【画像】さまざまなアングルで撮影された「秋栗ノウサギ」

次ページ
■大きくバズった「うさぎ食パン」

ジョエル・ロブションのお家で作るフランス料理【Amazon】

パンポケモン東京都食パンシェフ職人オーナーサンドイッチジョエル・ロブションウサギ専門学校焼き菓子
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング